読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/4/6 三重県社会人サッカー選手権 準々決勝 ヴィアティン桑名FC対ISE YAMATO FC

桑名3-0(0-0)伊勢(@鈴鹿スポーツガーデン第1グラウンド)

 

到着したのが前半30分くらいだったのだが、そこから前半は伊勢が桑名陣内で試合を進める場面が多かった印象。

 

しかし後半からは一転、ほぼ桑名の試合。桑名はDFラインからすぐに縦へフィード。あとは個人技に勝るFWが人数をかけずに攻め込む。伊勢はなんとか奪って前へ出すも人数が揃っている桑名のDFが潰してまた前への繰り返し。伊勢GKの好守もあったが守り切ることは出来ずに3失点。そのまま3-0で押し切った。

 

伊勢は後半攻勢に出た場面は数えるほど。殆ど攻めの形を見せることなく終わってしまった。前半最後押している場面もあったので、ここで1点を取っていればまた展開は変わったのだろうか。

 

桑名は個人の力で押し切ったという印象。DFが止め、縦へ送り込み前線がそのまま行くか、キープになれば中盤が押し上げて人数をかけるか。それで後半の40分が過ぎていった印象。FC鈴鹿ランポーレのような東海1部クラスのチームとやった時どういうサッカーになるか、そこでこのチームの真価が問われるのだろう。