読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/5/4 奈良県選手権社会人予選 ディアブロッサ奈良対Atletico

D奈良6-2(2-1)Atletico(@奈良県フットボールセンター)

 

開始早々からAtleticoは2トップが俊足を活かしてDFラインに突っ込み、中盤も出足良く囲い込みをかけD奈良の中盤を潰そうと仕掛けていく。しかし、足元で優れるD奈良は上手くファウルを誘いセットプレーのチャンスを得ると、ゴール前の混戦を細川雄が押し込み先制。Atleticoも高い位置で奪ってからのミドルですぐさま追い付くも、ショートコーナーからD奈良椿本がヘッドを決め突き放し、2-1で前半終了。

 

後半に入ってD奈良がまたもセットプレーから細川雄が追加点を奪う。この辺りからAtleticoの前線の圧力が減り始める。ここでAtleticoは引いてロングカウンター狙いに切り替えを図る。これが見事に嵌まり、ロングボール一本で抜け出してカウンターを決め1点差に再び追い付く。しかし、ここから数分間続いたAtleticoの時間帯を凌いだD奈良は、動きの落ちてきたAtleticoを圧倒。逆に高い位置でAtleticoの中盤を潰し、細かいパス交換とドリブルを駆使し一気にゴール前に入り込み、中室、樋口、布施と一気に3点を奪い取る。終わってみれば6-2と大量点でAtleticoに快勝した。

 

Atleticoはチーム全体で精力的な動きを見せた前半と、足の速い2トップの持ち味を活かしたカウンターで挑んだ後半途中までは勝機を見出せるかと思われたが、後半動きが落ちてからは技術の差を露呈し、失点を重ねる結果となった。前線の破壊力はかなりのものなので、あとはDFがどこまで整備出来るかが今年の県リーグ、そして府県決勝を見据えた時の鍵となるだろう。

 

D奈良は先制点と追い付かれてすぐの時間帯という取るべき所できっちり点を取れたことと、ここまでリーグ戦でゴールの無かった樋口、布施といったFW陣が点を取れたことが収穫。また、後半動きが落ちてきた後とはいえ引いてきた相手から崩して点を取れたことも大きかった。失点についてはミスは仕方無いが、それををいかにカバーできるよう準備出来るかがポイントになるのだろうか。この辺りは今後の試合を重ねる中で修正していくことになるだろう。