読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/5/24 関西サッカーリーグ第6節 ディアブロッサ奈良対AS.Laranja Kyoto

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 関西リーグ

D奈良0-2(0-1)ラランジャ(@鶴見緑地球技場

 

立ち上がりはほぼ互角。ボールを保持してサイドから細かく攻めるD奈良に対し、カウンターで縦に早く攻めて応戦するラランジャ。先制はそのカウンターから得たCKを確実に活かしたラランジャが永田のヘッドで先制。これで気持ちに余裕が出来たのか、ラランジャの守備陣は合わせてずにブロックを形成しD奈良の突破を許さない。

 

後半に入ってもなかなか最後の局面でフリーになれないD奈良に対し、ラランジャは中盤で奪ってのカウンターで吉澤が追加点を奪う。そこからも追い付くべく攻めるD奈良をラランジャ守備陣が身体を張って止め、そのままラランジャが逃げ切り2-0で勝ち点3を手にした。

 

ラランジャからすればなかなか前線でボールがおさまらず、カウンターで攻める選択肢を選ぶこととなった訳だが、少ないチャンスを活かして効果的に点を奪い逃げ切った。特に中盤から後ろは最後までブロックを崩さず、D奈良の攻撃陣をなかなかフリーにさせなかった点が無失点に繋がったのではと感じた。

 

D奈良にとっては早いうちに先制点を奪い優位に立つというやりたかった形を上手くラランジャにやられてしまったというのが第一感。先制を奪われた場面まで攻める時間帯が多かったからなのか、あのCKだけエアポケットのように守備が緩くなってしまった。そういう意味ではサッカーの難しさを実感させられる結果となってしまったのかなという思いである。それは現場で声を出している自分も含めて。