読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/6/8 札幌遠征記。(1日目)

遠征記。

関西リーグも前後期の区切りとなる一週間のインターバル。しかも天皇杯予選も無いためぽっかりと空いたこの週末に北へ飛ぶことにした。目的はmarble札幌公演、ヴォーカルのmiccoさんの地元札幌での凱旋公演だ。昨年は仕事で行けなかったこともあり、今年こそはということで13年ぶりに飛行機に乗り、北の大地へと向かった訳である。

 

家からまず名駅に出て、名鉄知多半島を南下すると見えてきましたセントレア

f:id:asagirimahoroba:20140607094702j:plain

搭乗手続きとかに慣れていないので早めに着いたこともあり、早速初めてのセントレアの中を散策。

f:id:asagirimahoroba:20140607100627j:plain

セントレアのマスコット。関西の方にはぷいぷいさんと同じデザインの人といえば分かるだろうか。ちなみにこの写真がこの後思わぬ活躍をするのだがそれは後述するということで。

そうやってうろうろしているうちに搭乗の時間が。

f:id:asagirimahoroba:20140607105118j:plain

慣れない飛行機にテンションが微妙に上がり一睡もできず本を読みつつ過ごすこと2時間弱、新千歳に無事到着。

f:id:asagirimahoroba:20140607125924j:plain

着いて早々リボンナポリンの看板がお出迎え。すぐに新千歳空港駅から快速エアポートに乗り継ぐ。そこで勿論こちらを購入。

f:id:asagirimahoroba:20140609234004j:plain

Kitaca! 

北海道に来たからには当然これを買わないといかんでしょということで早速購入。これでJR5社のICカードがやっと揃いました。ちなみにマスコットデザインはKitacaが一番のお気に入り。

35分ほどで札幌に到着。ここで問題になったのが昼ご飯。適当にラーメンでもと思っていたら、某滋賀の太鼓師から安易にラーメンを選択したらあかんでとツイートで先回りされる事態発生。(笑)かといって、ここまで来てどこでも食べられるような店に行っても仕方無い。上がるハードル、進行する空腹。とりあえず歩けば何かあるかなと思い、札幌駅からライブ会場のあるすすきの方面までぶらぶら歩くことにした。その道中見つけたのは・・・。

f:id:asagirimahoroba:20140607134408j:plain

駅の売店で見つけたご当地キャラ「フランチェスカ」。

f:id:asagirimahoroba:20140607135947j:plain

日ハム公式のグッズショップ。

 

・・・食べ物関係無いやん。

 

そんなことを思いながら大通公園方面に向かうと、石屋製菓の直営店発見。そこで見つけたのが

f:id:asagirimahoroba:20140607141952j:plain

白い恋人ソフトクリーム。

ホワイトとチョコとミックスがあったのだが、普段抹茶シロノワールでもミックスを選んでしまうミックスソフト派としては迷わずミックスを購入。これを持って大通公園のベンチでいただく。ミルク感が濃くて非常に美味しかったです。

続いてどうしようかと

f:id:asagirimahoroba:20140607141326j:plain

時計塔とか撮影していたら、思い出したのが懐かしのギャルゲー「北へ。」のあるシーン。

早速屋台らしきものを探し買ってきたのが

f:id:asagirimahoroba:20140607143438j:plain

とうきび

かつてあったんですよ。北海道を舞台にしたギャルゲーにて大通公園とうきびを食べるイベントが・・・。焼きか茹でか迷ったのだが、直前に甘い物を食べていたので、甘みを重ねるよりはと考え焼きとうきびにする。そして飲み物は勿論リボンナポリン。このリボンナポリン、実はボトルが

f:id:asagirimahoroba:20140607143456j:plain

中田翔

日ハムとのコラボボトルだったのだ。

ちなみにとうきびも非常に美味しかったです。飯テロ写真も太鼓師に好評だった模様で一安心。

 

と、ここまで良い感じで札幌を堪能した訳だが、道中地味に小銭入れを落としたりトートバッグに入れていたナポリンのボトルの蓋が緩んでいてトートの中でこぼれたりと悲しい出来事もいくらか発生。そんなご機嫌と凹みが入り交じる中、大通公園から更に南下。途中4丁目プラザという建物に立ち寄る。ここの7階にあるモニターでSKEの北海道出身メンバー東李苑のメッセージが流れてるという話があったので見てこようと思ったのだ。

軽い気持ちで入ったのだが、このビルがまた所謂女性向けのファッションビルっぽい感じでアウェー感全開。この厳しい空気の中ドキドキしながらエスカレーターを上って7階へ。ここはまだそこまで女性向けの店だけという訳ではなかったがそれでもなかなか居辛い空気。そこから30分弱、時々店とかで物色するふりをしたり、落とした小銭入れを買い直したりしながら待つも肝心のメッセージは流れず。結局開場時間に間に合わないと判断しその場を後に。やっとこの日のメインであるライブハウスへと辿り着いたのであった。

 

肝心のライブについては次回エントリで。まだまだ続くよ!