読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/9/7 関西サッカーリーグ第12節 京都紫光クラブ対A.S.Laranja Kyoto

紫光4-0(1-0)ラランジャ(@西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場

 

昇格へ向け勝ち点を積み上げたいラランジャと残留へ向けもう引き分けすら致命傷となる紫光のノースキョートダービー。立ち上がりはほぼ互角ながら、ゴール前に迫るプレーは紫光の方が多い印象。攻めの中心である田中を欠く布陣ながらFW篠部の縦突破を軸に日置、中田らの中盤が絡んでゴールを狙うと、前半中田のゴールで先制点を奪うことに成功し、1-0で折り返す。

 

後半ラランジャが巻き返せるかと思いきや、後半は更に一方的な紫光のゲーム。まず49分篠部が得意の裏に抜けるプレーでDFを置き去りにして2-0。更に53分石塚のミドルが決まりいきなりリードを3点に広げる。その後もボールを支配し攻め続ける紫光に対し、ラランジャはカウンターを狙うも思うようにボールが前に進まない。とどめはロスタイム、途中交代で入った田中が前掛かりになったラランジャDFラインの裏を突いてGKと1対1になると冷静にキーパーのニアサイドに蹴り込み4点目。紫光が4-0と完勝し残留への望みを繋ぐ勝ち点3を手にした。

 

ラランジャはこの日はほぼ良い所なし。前半こそ裏に抜けるプレーやドリブルなどで紫光ゴール前に迫るも、後半は効果的な攻め手が殆ど無い状況。守備陣も紫光のテンポの速い攻めに後手に回る場面が増え4失点。前節の7-0という結果が嘘のような完敗となってしまった。

 

紫光は間違い無く今年一番の出来。前線の篠部を中心に攻撃陣がテンポ良く繋いで攻め続けた。後半に入ってからは疲れから脚の止まってきたラランジャ守備陣をドリブルでも翻弄した。守備陣も最後までラランジャ攻撃陣に仕事をさせず完封。こちらもこれまでの順位が嘘のような素晴らしい出来での勝利となった。