読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/9/13 関西サッカーリーグ第13節 アミティエSC京都対阪南大クラブ

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 関西リーグ

アミティエ3-0(2-0)阪南大(@山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場

 

前半からシンプルに縦に入り攻めを見せるアミティエ。対する阪南大はバックラインからサイドに繋ぎ外から内へ入ろうとする。しかし手数の多さで上回るアミティエが徐々に試合を支配する。そしてまずはカウンターからの縦一本を柳が決め先制。更に右サイドを裏に抜けた篠原からの折り返しに中央で待つ陶山が合わせて追加点。簡単にリードを奪ったアミティエが2-0と優位を築いて前半を折り返す。

 

後半に入ってもアミティエの攻勢は変わらず。阪南大アミティエの前線から仕掛けてくる守備に対し上手く前にボールを運べない。そしてアミティエ竹本のミドルを阪南大GK杉森がファンブルしたところを詰めていた柳が押し込み、この日2点目となるダメ押しのゴールで3-0。残りの時間も危なげなく抑えきったアミティエが3-0で快勝、関西1部残留を確定させた。

 

アミティエはこの日先週からスタメンの2トップとGKを入れ替えるなど、全社を見越したとも感じられる布陣で臨んだが結果は快勝。縦に飛び出してくる篠原の動きや竹本の精度の高いパスが効果的に働き、何度もゴール前で良い形を作っていた。前線の陶山と柳もその起用に応え2人で3ゴールと結果を出した。守備についても連動性には欠けるものの前から仕掛けていき阪南大DF陣に圧力をかけ続け0に押さえ込んだ。

 

阪南大アミティエの強い個の寄せに対しなかなかサイドに基点を作ることが出来なかった。前半の終わり頃から後半始めにかけて押し気味に進められる時間もあったのだが、ここで決めきれなかったところで逆にミスから失点となった所も今年の噛み合わない状況を象徴していたのかもしれない。これで最終節を前に7位との勝ち点差は2。なんとか7位だけでも確保したいが苦しい戦いは最後まで続きそうだ。