読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/9/13 関西サッカーリーグ第13節 ディアブロッサ奈良対A.S.Laranja Kyoto

D奈良1-1(1-0)ラランジャ(@山城総合運動公園太陽が丘陸上競技場

 

前半早い時間に試合が動く。11分、D奈良の右サイドでのファウルから得たFKがラランジャ松本の頭に触れてコースが変わりそのままゴールへ吸い込まれる。その後もD奈良がボールを支配して攻め、ラランジャがカウンターを狙う展開。そしてラランジャはこの日久々のスタメン出場となった中尾のロングスローで得点を狙いに行くも不発。そのまま1-0とD奈良リードで折り返し。

 

後半風下になったラランジャはここからロングボールを捨て速いパス回しでD奈良の寄せを交わしてから縦に裏を狙う低いボールで勝負に出る。これを粘り強い守備で凌いできたD奈良であったが、59分磯部がDFラインの裏に抜ける事に成功し同点ゴールを奪う。ここからは前半とは逆にラランジャが仕掛けD奈良が凌いでカウンターという図式に。しかし両チームとも最後まで決勝点が奪えず1-1の痛み分けとなった。

 

D奈良とすれば前半のうちにもう1点奪えればという所はあっただろう。ハイボールの判断が甘いラランジャDFラインの裏を突いて決定的となる場面もあっただけにその点が悔やまれる。守備陣は1点は奪われたものの前節同様集中したラインコントロールと最後までマークを外さない守備が出来ていた所は収穫。ただ、後半ラランジャのテンポの速いパス回しに守備が後手に回り、なかなか主導権を握ることが出来なかった点は課題となったと思われる。

 

この日の勝ち点1で残留については次節龍野FCとの直接対決に委ねられた。引き分け以上で良いという状況を考えればこの守備を完遂させることが最大の鍵だといえよう。

 

ラランジャは前半は前節同様攻め手に欠く状況。ただ後半からはラランジャ得意の中盤がボールを動かし相手のマークをずらしていく攻めが上手く機能し始め攻勢を見せることが出来た。守備陣は不安定さはあったもののボランチの中尾が要所を締められたことが1失点で抑え切れたことに繋がった。

 

ラランジャはこの日勝ち点1に留まったことで昇格に対しては次節アイン戦で最低引き分けが必要となった。最後の最後で頼れる顔役が戻ってきたことが昇格への切り札となるのだろうか。