読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2014/12/21 府県リーグ決勝大会 予選ラウンド St.Andrew's FC対gravatas

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 府県リーグ決勝大会

St.Andrew's5-1(4-0)gravatas(@ヤンマースタジアム

 

開始早々St.Andrew'sが攻勢をかけ田坂がドリブル突破からゴールを奪うと、すぐにもう1点を追加。いきなり2-0のスタートとなる。gravatasはDFラインが押し込まれるな中、中盤で早めに繋いでカウンターを見せようとするも前線の人数が乏しく決定的な場面までは至らない。それでも開始早々の2失点から我慢していたgravatasだったが、35分を過ぎてSt.Andrew's岡村のミドルでゴールを奪われるとまたすぐに追加点を奪われる形で2失点。4-0とSt.Andrew's大量リードで前半は終了。

 

後半に入ってもペースはSt.Andrew's。だがゴール前で再三のチャンスを外してしまい追加点がなかなか入らない。しかしgravatasもゴール前までは迫れず時間は過ぎていく。残り10分に入ってSt.Andrew'sは追加点となる5点目を奪い勝負は決したが、gravatasも最後に1点を返して一矢報いたところで試合終了。St.Andrew'sが5-1で勝利し決勝ラウンドへコマを進めた。

 

試合内容としてはSt.Andrew'sの圧勝。ただ、中盤守備の緩さと決めるべき所で何度かシュートを外している場面が気になったところ。関西2部昇格がかかる準決勝ではこの点を何処まで改善出来るかが鍵になると考える。gravatasは戦力的に劣勢だったのは致し方ない所ではあったが、中盤から素早く繋ぐカウンターは和歌山のチームらしさは見せていたのではないかと感じる。この経験をまた来年の県リーグやカップ戦で活かして欲しい。