読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/4/18 関西サッカーリーグ第2節 FC TIAMO 枚方対アミティエSC京都

アミティエ3-0(1-0)枚方(@鶴見緑地球技場
 
立ち上がり枚方は出足良くアミティエゴールに迫るが、そこを凌ぐとそこからはアミティエのペース。左サイドの守屋とセカンドトップの篠原の2人を起点に作られる攻撃に対し、枚方は中盤で的を絞ることが出来ず守備が機能不全に陥る。15分には守屋の突破から折り返して最後は詰めていた篠原が押し込みアミティエが先制し、前半をそのまま1-0で折り返す。
 
後半も引き続きアミティエが試合を支配。早めにトップを脇に代え中東を投入するとボールがそこで収まり更に前で試合を進めることが出来るようになる。54分にはその中東が中央から外に捌いて守屋→オーバーラップしてきた岩下で左を崩し、最後は右から走り込んできた勝矢が押し込み追加点。60分にも守屋が縦に抜け冷静に決めて勝負あり。枚方アミティエボランチの運動量が少し落ちてから、得意の外へ開いての攻めが機能し始めたのが精一杯の抵抗。3-0でアミティエが完勝した試合であった。
 
アミティエは想像以上に守屋の復帰が大きいという印象。去年から見られる前4枚の連携で圧倒する攻めにおいて、篠原に加え守屋が加わったことで、質量共に更に威力を増してきた。この日はまだ前線でのマンツーマンディフェンスが殆ど見られなかった事を考えれば余裕残しの試合ではなかっただろうか。
 
枚方は昨年までボランチの位置から攻撃の組み立てを行っていた黒川が2トップの一角となったことで逆に攻撃の形が全く整わなくなってしまった。また中盤のボランチ2枚の約束事が全く出来ていない状況でアミティエの攻めを殆ど中盤のゾーンで食い止めることが出来ていなかった。2部まではある程度個の力でいけるところはあるだろう。だが、無秩序なサッカーで勝ち点を稼げるほど1部は甘くない。