読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじまりの扉。

ありがたくいただいた5連休の初日の5/2、仙川までふらっとお出かけしてmiccoさんのmarble活動休止後初めてのソロライブ「はじまりの扉」へ行ってきました。

選曲としてはmarble(North Picco含む)の楽曲を中心にカバーあり、新曲ありとバラエティに富む内容。カバーのブルーウォーター(ナディアの主題歌と言った方が分かり易いかな)はカバーアルバムには収録されていたけどライブで聴いたのは初めてだったかな?marbleの楽曲も最近歌っていなかった「新しい世界」や「虹色ハミング」があったり、「白と黒」のアレンジが少し変わっていたりしていたのも印象的でした。特に「新しい世界」は休止前ライブの時聴きたかったと以前のブログでも書いていただけにここで聴くことが出来たのは嬉しかった。また中盤ではギターを3曲ほど披露する場面も。ご本人曰く一番緊張するパートだったとのことですが、自信を持って弾いておられたように感じました。

最後は新曲の「音風」。ここでワイヤレスを手に取り観客席に入っていくmiccoさん。彼女を中心に観客も一緒に大合唱してライブを締めくくりました。

アンコールは音楽を始めるにあたり影響を受けたという鈴木祥子さんのカバー。自分はこの曲は知らなかったんだけど、あの頃の時代のメロディラインだなぁって少し懐かしさを感じながら聴いてました。余談ですが、以前も誰だったか鈴木祥子さんに影響受けたって話を聞いた記憶があって、この人の音楽には音楽を志す女性に響くものがあるのかなと思う次第。

閑話休題。アンコール2曲目は現在進行形で制作中の新曲を披露し、オーラスはもう一度ワイヤレスを手にしての「Lingering Fizz」。いつもと変わらない形で観客席を動き回り、歌い、そして今度は観客へマイクを向けていく。今回もマイクは自分にも振られました。というかこちらも待ち構えてたのですが。最後にはカフェの店員さんにまでマイクを振ってカフェ全体が文字通り一体となったところでライブは終演。2時間ちょっとの時間はあっという間に過ぎ去っていきました。

終演後物販に立つPatさんとmiccoさんにご挨拶。まず前のめりでマイクを向けられるのを待っていたことを突っ込まれる。ああ、バレバレですよね。「新しい世界」が聴けて良かったと伝えたところ、休止前ライブのセットリストは多少なりとも意識はあったみたいでした。今思えばこの曲を歌うならあの時ではなく今というのはなんとなく納得出来る気もします。

あとは恒例の名古屋来て来てアピールをしてお別れ。外に出たらテラス席でくつろぐバンドメンバーさんの姿もあり、ご挨拶して撤収となりました。

全体を通して振り返ると、いつも通りに見えるけどやっぱり少し違う空気を感じました。特に歌ってる時の表情が変わったなぁと。具体的にと言うと難しいんだけど、ソロになっての緊張感というよりは前向きな意思みたいなものがこれまで以上に強く感じられたような、そういう気持ちが表情に出ていたのかなって思えました。ライブのタイトルの通りこれははじまりの一歩。これからmiccoさんが音楽の世界をどう広げていくのか、それがまた楽しみになった。そんなライブでした。