読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/5/17 関西サッカーリーグ第5節 ディアブロッサ奈良対高砂ミネイロFC

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 関西リーグ

D奈良0-2(0-2)高砂(@高砂市陸上競技場)

 
前半からボールを保持するのはD奈良。高砂は受けてカウンター狙いの展開。そうすると  分、新加入の吉田が左サイド縦一本のスルーパスに反応し抜け、そのままゴールを決め先制する。さらに  分、センターサークル付近から縦に蹴り込んだボールを吉田がヘッドで前に送ると、そのボールがGKの頭を越えそのままゴールネットへ。これで2点をリードし試合を優位に進めたまま前半を折り返す。
 
後半に入っても攻めるD奈良、カウンターを狙う高砂の構図は変わらない。しかしD奈良は良い形を見せるもゴールには結びつかない。一方の高砂も余裕が出来たとはいえ縦のシンプルなボールが多く、なかなか崩すには至らない。そのまま後半はスコアが動かず2-0で試合終了。高砂がホームで貴重な勝ち点3を奪った。
 
高砂とすれば新加入の吉田がいきなり2得点と結果を出したのが最大の収穫。攻撃の際には常に他の選手が彼を探していたところを見ても、その効果は大きいと思われる。彼を軸にどれだけ攻撃の形を作れるかが今後の鍵を握りそうである。
 
D奈良は前半の惜しいシーンを上手く決め切れなかったのが悔やまれる。これまでの1トップから山本と井上の2トップにして前線の圧力は増しているので、あとはサイドが高い位置に行く意識と2トップの連携の強化があと一歩のところで欲しいようには感じている。また、中盤から前で自由に動く吉田に対するケアで後手を踏んだ点もあったのかもしれない。そこで上手くゴールを奪われてしまったのは惜しいところとも言えるだろう。