読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/11/28 The KSL Cup 予選リーグ第3節 龍野FC対関大FC2008

関大14-0(5-0)龍野(@三木防災補助陸上競技場)

 

立ち上がりからほぼ龍野神内でのハーフコートゲームが展開されたこの試合。関大は両サイドから外の裏→中へのボールを中心に攻める。前半6分に早くも右サイドからの崩しで若林がゴールを決めると前半だけで5点を奪う。

 

龍野は時折カウンターから久保田のキープを起点に惜しい場面を何度か見せはしたが、いずれも単発に終わりすぐに関大に押し込まれる状況に。後半も関大はサイドからの崩しを徹底し、終わってみれば後半は9得点。14-0と大差で関大が完勝した。

 

選評というにはあまりにも極端な結果だけに何と表現しようもない。関大は最後まで手を緩めずに自分達の攻めのパターンを貫いた90分であった。ただ、リーグ終盤から今大会に至る龍野の大量失点の要因については、全く自分達で試合を組み立てられないこの状況が答えなのだろう。龍野の選手も完全に気持ちが切れていた訳では無い。その点だけは付け加えておきたい。