読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/4/9 関西サッカーリーグ開幕戦 高砂ミネイロFC対FC TIAMO枚方

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 関西リーグ
高砂2-1(1-1)枚方(@鶴見緑地球技場
 
立ち上がり高砂のDFラインがばたつくのを見逃さず枚方は早めにサイド奥へボールを運びチャンスを作ると4分、左サイドからの折り返しに木田が合わせてあっさりと先制点を奪う。ここから枚方の攻勢が続くが、高砂守備陣が落ち着きを取り戻すと試合は徐々に高砂のペースに。中盤でボールをキープできる柏木を起点に攻める高砂は16分、その柏木から1人繋いで左サイドの裏を抜けた藤原へスルーパスを通すと、折り返しに中央で待っていた吉田が冷静に決めてあっさり同点に。そのまま前半は1-1で終了。
 
後半に入っても縦にボールを入れる枚方と柏木を軸に繋いで攻める高砂の構図は変わらないが、ペースは高砂が握ったまま。そして57分、高砂は右サイド八束からのクロスボールに逆サイドから走り込んできた柏木がワントラップで裏に抜け最後は冷静に決めて逆転に成功する。そのまま高砂は最後ペースダウンするもGK日野を中心に1点差を守り切り試合終了。高砂は昨年1部の枚方を破って幸先良く勝ち点3を奪うことに成功した。
 
高砂は開始早々のバタバタの間に点を奪われるも、落ち着きを取り戻してからはDFラインも安定し、GK日野の好守もあって枚方の攻めを抑えきることができた。攻撃陣は中盤の柏木が好調で、彼のキープでタメを作ってから縦に速く攻める形を作ることができていた。次節からは加古川から辻村隆が加入するとのことで、前線の吉田、藤原と噛み合えば一昨年のような昇格争いも見えてくる状況もあるかもしれない。
 
一方の枚方は新加入の選手がいたこともあってか全体的に連携が今ひとつといった印象。ただ前線の木田、采女の破壊力は2部でも上位クラスなので、彼らを中心に持ち前の外の奥へ入り込んで崩す形がもっと出てくるようになれば状況は好転するように感じられたが、まだそこまでには至っていないというのが正直な感想である。また、後半高砂の足が止まる前に木田を下げてしまった采配は敗着ともいえた交代だったと感じている。木田の状態が悪いようには見えなかったので、あのままピッチに残っていれば結果はどうなっていただろうか。疑問符は残ったままである。