読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/4/9 関西サッカーリーグ開幕戦 ディアブロッサ奈良対アイン食品(株)サッカー部

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 関西リーグ
D奈良0-0(0-0)アイン(@鶴見緑地球技場
 
縦に早めに入れるアインと繋いで外から攻めるD奈良という毎度お馴染みの展開となったこの試合。この日はD奈良が優位にゲームを進める。しかしセットプレーからの山本のシュートがバーに当たったり、芝野のミドルのこぼれ球を詰めた山本が倒されて得たPKをアインGK川崎に止められるなど、なかなかゴールが遠い。一方のアインも前線の三好を中心に圧力をかけるも、D奈良守備陣が落ち着いてブロックを築き決定的な場面を作らせない。前半は0-0で折り返し。
 
後半もD奈良のペースで試合は進む。右サイドを崩して椿本がシュートを放つも、これはまたもクロスバー。決めきれないD奈良に対し、アインもD奈良のブロックを崩せず出し所が無い状況で試合は膠着。最後粘りを見せアインがミスパスを奪ってのカウンターから決定的な場面を作るも、シュートは無情にも枠の外。最後まで緊張感が張り詰めた試合は0-0のスコアレスドロー。お互い痛み分けの勝ち点1という結果となった。
 
D奈良としては引き分けながらも収穫はあった試合。DFラインとボランチのブロックがしっかりと機能しており、途中アインの中盤からボールの出し所が無くアインの選手が声に出していらだちを見せたシーンは印象的であった。攻撃陣は昨年より両翼の椿本と新家が中に入り込む場面が多く見られるなど良化の兆しも見られた。繰り返しになるのかもしれないが、1本のきっかけが今のD奈良には一番必要なのかもしれない。ただ、それだけがどうにも遠いのがもどかしいところでもある。
 
アインは中盤から前線への圧力に昨年ほどの力強さを感じなかった。コンディションの問題なのか選手を入れ替えた影響なのかまでは推し量れなかったが、後半最後の決定的な場面以外はD奈良守備陣に上手く押さえ込まれてしまった。逆に言えばこの展開でもしっかり勝ち点1を拾えたことは収穫と言えるのかもしれない。個の力はある選手が揃っているので時間と共に良化はしていくと思われるが、それが遅いとずるずるいってしまうだけに注意は必要であろう。