読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/4/24 関西サッカーリーグ第3節 京都紫光クラブ対ルネス学園甲賀サッカークラブ

紫光4-2(1-1)ルネス(@太陽が丘陸上競技場
 
先制はまず紫光。12分に篠部が左サイドからルネスDFの裏を抜けて角度のないところを決める。ルネスは24分、右サイドから吉田がミドルを決めて同点に追いつく。ルネスはプレスを仕掛ける際5バックと中盤4枚とのラインの連携が悪く、ボランチのところでスペースを与えてしまい、紫光が高い位置で前を向ける展開となるもゴールまでには至らず前半はそのまま1-1で終了。
 
後半に入ってもスコアは動かないまま73分、ここでルネスがエリア内での紫光DFのハンドによるPKを得る。これを喜入が決めて逆転に成功する。これでルネスがペースを握るかと思ったが、先にルネスの足が止まる。そこを見逃さない紫光、78分にルネスDFラインのずれを見逃さず抜け出した篠部が前に出てきたルネスGK辻の頭上を越えるループで同点に追いつくと、82分には中央で繋いで最後は島田が決め再逆転に成功する。更に82分にも右サイドを崩して最後は白井が決めて駄目押しの4点目。そのまま押し切った紫光が4-2で今季初勝利を挙げた。
 
紫光は昨季2部でも実力の違いを見せつけた篠部がきっちり力を発揮した。ルネスの中盤のプレスを早めに縦に送る事でかいくぐり、個の突破で勝負出来る選手達がルネスの甘い寄せやずれの目立つラインコントロールを見逃さずに崩しきったという点では理想の戦いではあっただろう。これを上位勢との戦いへの弾みと出来るかどうか注目である。
 
ルネスはまず後半先に足が止まった点が最大の敗因ではあるのだが、学生チームが先に足が止まるという状況というのは予想外であった。このあたりについては紫光を褒めるべきなのかルネスの悪さを指摘すべきなのか。個人的には後者の感情の方が強い。中盤とDFラインとでプレスに行くポイントが統一されていない点、攻めに出る時持ち過ぎて攻撃のテンポが遅くなる点など今後1部を戦う上での課題は多いと感じさせる試合であった。