読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/6/25 関西サッカーリーグ第9節 ディアブロッサ奈良対FC TIAMO枚方

D奈良0-6(0-2)枚方(@鶴見緑地球技場
 
序盤から枚方ペースでの試合。サイドに高い位置で構える浅井、木田が裏に抜けるたりドリブルで縦に入ったりするプレーをD奈良守備陣は止めきれない。それでも我慢してきたD奈良だったが、28分に左サイドを崩され中央で木田に決められると、32分にも木田に決められ一気に2失点。そのまま枚方のペースで前半は2-0枚方リードで終了。
 
後半に入って流れがどうなるかと思われた開始直後、枚方はカウンターから右サイドを攻め岡田が3点目を奪う。これで一気に崩れたD奈良に対し枚方は攻めの手を緩めない。55分には浅井が4点目を奪う。79分に藤代が2枚目のイエローで退場となるも状況は変わらず、終了間際の86分には加藤、88分には木田がハットトリックを達成し大量6得点で試合終了。枚方が昇格争いのライバルとなるD奈良相手に6-0と大勝し、勝ち点3に加え得失点差での大きなアドバンテージも獲得した。
 
D奈良としては最後まで枚方攻撃陣の斜めの動きや仕掛けに対応出来ないまま終わってしまった点は反省点であろう。実際枚方のような相手とは相性が良くないとは思われるのだが、相性という言葉で片付けるには痛い大敗となってしまった。枚方からすれば取れる時にきっちり取れた点は好材料。開幕当初と比較して中盤から前線にかけての点を奪いに行く上での約束事は徹底出来てきたように思われるだけに、後期逆転昇格の目も十分に出てきたように感じられる。