読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/9/11 関西サッカーリーグ第12節 ディアブロッサ奈良対St. Andrew's FC

D奈良4ー2(2ー1)Andrew's(@水口陸上)

 

この日はカウンターでのサイドからの攻めが上手く機能したD奈良、まずは6分に右サイド椿本の折り返しに山本が飛び込み先制。更に16分には右サイド中室からのアーリークロスを椿本が頭で合わせ2ー0。すぐさまAndrew'sもセットプレーから最後は渡邊が押し込んで1点差に。このまま終わるかに見えたロスタイム、山本のシュートの跳ね返りを椿本が頭で押し込み3ー1とリードを広げて前半を折り返す。

 

後半もD奈良のカウンターは威力を失わない。65分には左サイドを抜けた新家のクロスに椿本ファーの角度が無いところから見事なダイレクトボレーを決めてハットトリック。Andrew'sは80分に青山のゴールで反撃するもここまで。D奈良が4-2で快勝し昇格戦線に生き残った。

 

この日はD奈良の強かさが目立った。きっちりと2本のラインが組織的に動き、奪ってから一気にテンポを上げ縦に速いボールを送り込みゴール前に迫る。その戦いぶりは完全にAndrew'sを圧倒していた。そして、ここまでゴールに嫌われることの多かった椿本がこの日は大爆発。4点目のダイレクトボレーは是非とも映像で抑えていて欲しかった素晴らしいゴールであった。

 

一方Andrew'sはD奈良の粘り強い守備の前にボールの出し所を失い、守っては弱点のラインコントロールの拙さをD奈良のサイドアタッカーに突かれ失点を重ねた。2点は返したものの内容としては完敗と言える内容であった。