読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/9/25 関西サッカーリーグ最終節 ディアブロッサ奈良対関学クラブ

D奈良5-1(2-0)関学C(@日岡山公園)

 

この日はとにかく得点が欲しいD奈良、トップの山本にボールを預け縦に速い攻めで勝負に出る。それが功を奏したか3分、18分と山本が立て続けにゴールを奪う。更に攻めを続けるもそこからゴールが遠い。前半40分過ぎのPKのチャンスも細川堅が関学C東に止められ追加点とはならず。そのまま2-0で前半は折り返し。

 

後半もD奈良は攻める51分、59分と椿本が立て続けに裏を抜けて点を奪う。関学は65分に下村がイエロー2枚で退くと、66分には左サイド鬼岩のクロスに山本が合わせハットトリックで5-0。しかしここからD奈良は焦りからかラインが伸び逆に関学C中盤のテクニックが活きるスペースを与えてしまう。そして関学Cは71分、右サイドのクロスから三ノ宮が決めて5-1。勝敗は既に決していたが、もう一つの見えない敵と戦うD奈良はなんとか点を奪おうと前にボールを送るもあと1点が奪えない。そして5-1のまま試合終了。D奈良は2位のSt.Andrews's FCまであと1点届かず3位でシーズン終了となった。

 

試合自体はD奈良の地力が上回っていたということで順当な勝利。それよりもこの日は同時に試合している昇格争いの相手という見えない敵との戦いの難しさを実感させられた試合となった。これ以上は今はまだ書けない。