読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/10/22 全国社会人サッカー選手権大会1回戦 AS. Laranja Kyoto対鈴鹿アンリミテッドFC

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 全国社会人サッカー選手権

鈴鹿2-1(0-0)ラランジャ(@北条スポーツセンター陸上競技場)

 

ラランジャは縦のボールで辻元、磯部を走らせる攻めと美里を軸とした細かいパスでの崩しを混ぜながら鈴鹿ゴール前に迫るも決定機までは作れず。鈴鹿は攻めの中心となる小澤が低い位置からの組み立てとなり、攻めがサイドへの縦の長いボールになってしまい中央で構えるエース北野までボールが収まらない。後半35分過ぎにラランジャはサイドを崩して決定的な場面を作るもゴールを奪えず。ほぼ互角のまま0-0で前半終了。

 

後半先に動いたのは鈴鹿。芦田、堀河と攻撃的な選手を投入し、小澤をトップ下の位置に上げるとサイドからの攻めが中央まで繋がり始める。そして61分、クリアボールを拾った吉川のミドルをラランジャGK辰巳が痛恨のファンブル。そのままボールはネットまで届き鈴鹿が待望の先制点を奪う。しかし、その直後の63分にラランジャも磯部が右サイドから技ありのループを決めてすぐさま同点に。

 

これで息を吹き返したラランジャ、またも試合は互角の展開に。延長戦を意識し始めた76分、エリア内でラランジャ守備陣が鈴鹿の選手を引っ張って倒してしまい痛恨のPK献上。これを鈴鹿の北野が落ち着いて決めて勝ち越しに成功。そのまま2-1で鈴鹿がラランジャを振り切り2回戦に駒を進めた。

 

 ラランジャは持ち前の繋いで相手のマークをずらす攻めは機能していた。またボランチの中尾が復帰して守備も最後の踏ん張りが効くようになったことで鈴鹿と互角に近い勝負は出来た。悔やみ切れないミスでの失点だったが、辰巳のそれまでの好守を顧みれば責めることはできまい。出来ることは出し切った、そう印象に残った敗戦であった。

 

鈴鹿は攻撃の鍵を握る小澤と北野が揃って機能せず、攻め手に欠くところが見られた。それでも鈴鹿は後半選手交代を機に戦術を切り替えるだけの引き出しを持っていた。この部分が両者の地力の差だったのかもしれない。また、鈴鹿は何度か切り替えの遅れからカウンターで裏に抜けられる場面が何度か見られた。ラランジャのFWはテクニカルな選手だったが、これがもう少しスピードに寄ったFWだったらまた結果は違っていたかもしれない。