読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/10/22 全国社会人サッカー選手権大会1回戦 エスペランサSC対FC ISE-SHIMA

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 全国社会人サッカー選手権

エスペランサ3-1(1-0)伊勢志摩(@北条スポーツセンター球技場)

 

キックオフからエスペランサは前線が勢い良く突っ掛け高い位置でボールを奪い一気に攻め立てようとする。伊勢志摩はそれを細かいパスとドリブルでかわして、3バックの外を狙おうとするもエスペランサの勢いに押され前にボールが進まない。すると16分、右サイド坂本のグラウンダーのクロスを井上が合わせてエスペランサが先制する。徐々にエスペランサは運動量が落ちてきて伊勢志摩にも流れが傾きつつあったが、終了間際伊勢志摩の西村が抜け出して作った1対1の場面もエスペランサGK鈴木の好セーブに阻まれ得点ならず。1-0で前半終了。

 

伊勢志摩は後半攻撃的な森崎と溝田を投入し勝負に出る。しかし、後半に入り少し息を吹き返したエスペランサはまたも前線から伊勢志摩に襲いかかる。そして54分、グラウンダーのCKを2人がスルーして、最後に中央で受けた古川が撃ち込むトリッキーなセットプレーでエスペランサが追加点を奪う。すぐに伊勢志摩も58分にエスペランサDFの軽率なファウルで手に入れたPKを溝田が決め1点を返すが、返す刀で59分、エスペランサは今部の豪快なロングシュートが決まり再び3-1と点差を2点に突き放す。反撃したい伊勢志摩だったが最後までペースを掴めぬまま試合終了。3-1でエスペランサが歓喜の1回戦突破を決めた。

 

井上を中心に3トップが前線からどんどん仕掛けつつ、全体が押し上げスペースを埋める強気の守備、グラウンダー中心でどんどん選手が追い越していく攻撃。とにかく思い切り良く飛び込んでいく球際での動き。話に聞いてはいたがエスペランサのサッカーが持つ異質感は衝撃的なものであった。勿論どう考えても80分ですら運動量が持たないというのは明白で、実際に時間と共に徐々に失速していくのだが、それすらもこのチームの持ち味として楽しむ事が出来た。このサッカーを見たいと思って北条を選択した自分の選択は間違っていなかった。これから上のカテゴリに挑んでいくに従ってこのサッカーがどう変化していくのだろう。またいつか見てみたい楽しみを持てる、そんなチームであった。

 

伊勢志摩の敗因は幾つか考えられる。彼らの繋いで崩すスタイルは前線から追い込んでくるエスペランサとは相性が悪かったかもしれない。かわして放り込む形を少しでも使えればまた違った結果が見えた可能性もあるだろう。また、流す傾向にあった判定が、良く言えば出足の深い、悪く言えば削る一歩手前なエスペランサの守備には優位に働いたところもあるかもしれない。ただ、そこの部分も含めて勝つための戦術を組み立てていく事が全国で安定して勝つ事に繋がるのだろう。伊勢志摩にとっては高い授業料となってしまったが、これを貴重な財産にして欲しい、そう感じている。