読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/10/23 全国社会人サッカー選手権大会2回戦 アミティエSC京都対東京23FC

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 全国社会人サッカー選手権

アミティエ3ー2(0ー1、2ー1、0-0)東京23(@新居浜市営サッカー場第二グラウンド)

 

 バックラインから前線の飯島や藤田に長いボールを入れて一気に攻める東京23、一方アミティエは左サイドの守屋を起点に地上戦を仕掛け篠原に繋げようとする。先に攻めが実を結んだのは東京23。左サイドのロングボールで抜け出した小山が敵陣深く入って、折り返しに藤田が押し込み先制点を奪う。そこから東京23の圧力にアミティエは押し込まれる。31分、アミティエボランチの前田を清野に交代し、清野をやや高い位置に置き組み立ての起点を増やす。

 

前半はそのまま1-0東京23リードで折り返したものの、徐々にアミティエの攻撃の歯車kが噛み合い始める。すると51分、守屋のエリア内での仕掛けに対し東京23守備陣がハンドでPKを献上。これを篠原が決めて同点に。更に60分、左サイドから崩して最後はゴール前の混戦から勝矢が押し込んで逆転に成功する。

 

東京23はここで斎藤を投入、前線の運動量を強化し前から追い込みつつ、シンプルにゴール前へ放り込んでいくとまた流れは東京23に。そして69分、右サイドから中央へのマイナスのボールを斎藤が叩き込み勝負はまたも振り出しに戻り、2-2のまま延長戦へ。

 

3人の交代枠を使い切った東京23、2人の交代しかしていないものの、試合中負傷したGK岩倉に不安があったのかPK用にGKの交代枠を残してきたアミティエ。双方使える手を切って迎えた延長戦は双方決定機を掴むもゴールまではこじ開けられず。PK戦かと思われた延長後半8分、中央の守屋からここしかないというスルーパスを右サイドに流れてきた吉岡に送ると、エンドラインギリギリまで持ち込んだ吉岡がグラウンダーのクロスを送る。これを合わせたのはエース篠原。劇的なゴールでアミティエが3-2と激闘を制し準々決勝進出を果たした。

 

両チーム出来る限りの手を打ち合い二転三転した好ゲーム。延長線での明暗を分けた勝負の決め手は最後の局面での仕掛けの精度だった。何度もチャンスは作ったがフィニッシュでアミティエ守備陣を振り切れずシュートをコントロール仕切れなかった東京23に対し、アミティエの攻撃は手数は少なかったものの、その一発で東京23の守備陣を完璧に剥がしてみせた。それを演出した守屋のスルーパスは見事の一言。それまでのプレーも含めMOMは間違い無く彼であった。明日は何度も跳ね返されてきた月曜日の壁、今度こそその壁を彼らは超えられるのだろうか。

 

東京23からすれば敗れはしたが悲観する内容では無かったとは思う。昨年盛岡で見たパスをする為だけのサッカーから完全なモデルチェンジを施した訳だが、戦術自体は相応の完成度は見せていたと感じている。気がかりがあるとすればプレスをかけるゾーンを変えるという戦術の切り替えは出来ていたが、攻撃自体の幅はそこまで広くないと感じられた点、ここをあと数週間でどこまで積み上げられるかが最後の鍵となりそうだ。