読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/12/17 The KSL Cup 3位決定戦 レイジェンド滋賀対アイン食品(株)サッカー部

滋賀0-0(0-0、PK5-4)アイン(@キンチョウスタジアム

 

前半はアインのペース。中盤から前線へ縦に早くボールを出していくと滋賀のバックラインは十分な対応が出来ないままピンチを招いてしまう。一方攻撃でもサイドから簡単に中央に入れてはアインの守備陣にあっさり跳ね返されてしまい効果無し。それでもなんとか無失点で凌いでいく滋賀。さらに双方セットプレーで惜しい場面があったが、ここも両者決めきれず前半終了。

 

後半に入ってから徐々に脚が止まってきたアインに対し、滋賀は持ち前の細かい繋ぎが
少しずつ戻ってくる。すると試合のペースは一気に滋賀に傾いていく。しかしながら両チームともゴールまでは奪えず後半も0-0のまま試合終了。PK戦に突入する。PK戦は1本決められなかったアインに対し、滋賀は5本全てを決めて3位を獲得した。

 

アインは典型的な前半決める時に決められなかったことが悔やまれる試合。特に吉川、泉、濱崎と前線が滋賀のバックラインを切り裂く縦の攻撃はどちらが1部か分からないという印象すら与えていた。しかし、後半に入り完全にガス欠してしまったのは色々な事情があっただろうとはいえ残念なところ。前半リードで折り返していたらどうだっただろうか。

 

一方の滋賀はバックラインの編成で苦しんでいた様子が見てとれた。相手の失速に助けられた感はあったがこの点は来期に向けての課題かもしれない。また、前半上手くいかない場面での単調な攻撃も少し気がかりだったが後半に入って持ち直したところは流石と言ったところか。余談になるが、PKを最後に決めた石橋はこの試合を最後に
長年戦ってきた滋賀を去ることになったと後に知った。そう思うとあの1本は感慨深いPKだったなと思ってしまうのだ。