読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/11/22 地域リーグ決勝大会決勝ラウンド ブリオベッカ浦安対FC刈谷

浦安4-1(1-0)刈谷春野総合運動公園陸上競技場)

浦安は今日もバックラインから徐々に押し上げつつ横に揺さぶり、縦のボールをスイッチにして攻撃を仕掛ける。しかし、今日は昨日と少し違って前線に張る竹中へのロングボールも織り交ぜながら攻めを構築していく。刈谷は開始早々から前がかりに仕掛けチャンスを作り流れを引き寄せたかに思われた17分、浦安は縦パスを受けた竹中が刈谷DFを振り切りそのまま持ち込んで先制点を奪う。それでも中野、安藤を中心に刈谷は引き続き攻めを見せるもそのまま1-0で前半は終了。

後半に入っていきなり刈谷は縦一本から抜け出した中野の折り返しを受けようとした飯塚が倒されPKを奪取する。しかし、中野が蹴ったPKは浦安GK永井が綺麗にストップ。同点に追い付くチャンスを逃してしまう。それでもなお攻め続ける刈谷だったが、64分に中央を崩され竹中に2点目を奪われる。諦めない刈谷は73分、CKから中野がヘッドで合わせ2-1と追いすがるも、すぐさま75分に浦安もCKから笠松が押し込み再び2点差に。最後は85分、竹中がDFの間を上手く突くコントロールショットを決めてハットトリック達成。最終的には4-1で浦安が快勝。その後の試合結果により2位以内が確定した。

この日の浦安は昨日見せたグラウンダーの楔からサイドへの繋ぎに加え、竹中へのロングボールを軸とした攻め、更には中央でのパス交換と攻めの選択肢の豊富さを遺憾無く発揮して4点を奪った。刈谷とはこの選択肢の差に加え決定的な場面で冷静にゴールを奪える個々の技術の差、2つの大きな差があったように感じた。刈谷はチャンスがあるとすれば中野への一発とセットプレーと見ていたが、その2つで得点とPK奪取までは行くことは出来た。しかし、そのPKを決められなかった所も一つの分岐点となってしまった。