読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016/10/29 The KSL Cup 予選リーグ第2節 ディアブロッサ奈良対高砂ミネイロFC

本日のまとめ。 サッカー(地域以下) 関西リーグ

D奈良0-1(0-0)高砂(@桃山学院大学G)

 

前半まずは高砂ボランチの岩崎から早めに日野、寺本の2トップへ縦の低いボールを入れ攻撃のリズムを作っていく。対するD奈良はその出所である岩崎を封じ、逆に奪ってからの早いカウンターで新家がDFラインの裏を狙って決定的な場面を作るもシュートは枠の外。高砂も日野のミドルなどで反撃するもこちらもシュートは枠を捉えない。そのまま0-0で前半は終了。

 

後半に入って、高砂は柏木と三木を投入。FWに入っていた日野を本来のポジションであるGKに変更する策に打って出る。そして51分、高砂は右サイドからの折り返しが中央で混戦になるも最後は柏木が押し込み先制点。その後D奈良は山本を投入し、山本のポストからの攻撃とサイドの裏へ抜ける攻めを使い分けながら猛攻を仕掛けるも、高砂は日野を中心に守り切りそのまま1-0で試合終了。高砂が逃げ切って勝ち点を6に伸ばした。

 

何らかの事情もあったように思われる中発生したこの日の日野のFW→GKへのポジション変更だったが、結果としてはこれが奏功した。後半のD奈良の猛攻に対して恐らく前半出ていたGKの宮部では0で抑えきる事は難しかったと思われる。全体としては押される場面が多かったが、それでも最後のラインを割らせなかったのは流石日野といったところだろう。

 

D奈良としては攻撃の手数も質も上回っていた。しかしながら前半のうちに仕留めきれなかった事が結果として0-1という形になって現れてしまった。守備陣もあの失点シーン以外は高砂の攻撃に対応出来ていただけに、非常に悔しい結果となってしまったと思われる。振り返るとサッカーの難しさというものを感じさせる試合だったと感じてしまう。