読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015/5/31 関西サッカーリーグ第7節 ディアブロッサ奈良対龍野FC

D奈良2-1(1-1)龍野(@太子町陸上競技場)

 

試合は開始早々龍野が立て続けにCKのチャンスを得る。そして3分、2本目のCKを北浦が押し込み龍野が先制する。龍野は外からの長いボールを全線に張る松浦らに早めに集めゴール前に迫る。対するD奈良は中盤の競り合いからサイドへ繋いで活路を見出そうとする。じりじりとした攻防でこのまま前半も終わるかと思われた41分、D奈良は右サイドの椿本が中央へドリブルで入り込み龍野DFを引きつけると、フリーで待っていた井上へ短いパスを通す。これを井上が落ち着いて決め1-1の同点で前半は折り返し。

 

後半も繋ぐD奈良、長いボールで攻める龍野。両チームとも徐々に運動量が落ち始めてくるが、ここでD奈良は早めに新家を投入。左サイドのスペースを上手く利用して攻めが機能し始める。しかし龍野もGK竹内を中心に凌ぎつつ、セットプレーの機会を上手く活かそうとする。D奈良は更にこの日はベンチスタートのエース山本を投入。セットプレーでは飛び出しの思い切りとハイボールの強さには自信のある龍野GK竹内の良さを消すために、セットプレーでニアにボールを入れることを後半から徹底してきた。

 

それが実ったのが88分のCK。ニアに入れたボールを一旦竹内が飛び出してサイドへ弾くも、それを拾った新家がすぐさまファーサイドへボールを放り込む。すると飛び出してGKが不在になっていたゴール前に飛び込んできた山本がこのボールを押し込み値千金の勝ち越しゴール。この1点をしっかりと守り切りD奈良が2-1で勝利し、降格圏脱出と連敗ストップとなる貴重な勝ち点3を手にした。

 

龍野は立ち上がりに久保田の精度のあるプレースキックを武器に先制点を奪うことには成功したが、そこから外からの攻めには迫力を欠いた。中盤でゲームを作ることの出来る梶浦とポストの出来る夏苅を欠いていたこともあり、シンプルな攻めの形で行かざるを得なかったのは苦しかったと思われる。また、最初は高い位置で保たれていたDFラインも、中盤の競り合いで負けると少しずつ下がっていった事も苦しい戦いとなった要因であろう。

 

D奈良は我慢して90分をフルに使い、最後に仕留めることが出来たという試合だった。立ち上がりのセットプレーを別にすれば、龍野のシンプルな攻めに対し、集中を切らすことが無かった点も収穫といえる。完全に復調したというにはもう少しかかりそうだが、後半戦に向け勝ち点3以上の手応えのあった試合ではないだろうか。