読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017/2/12 奈良県選手権社会人代表決定戦決勝 ディアブロッサ奈良対大和クラブ

D奈良0-0(0-0、0-0、0-0、PK3-1)大和(@奈良県フットボールセンター)

 

試合は一進一退の展開。サイドから崩しに行くD奈良に対し、大和は奪ってからその裏を早めに突いてゴールを狙う。両チームともチャンスはあるがD奈良は最後の局面に行くまでに潰される状況、一方の大和は大事な場面でプレーに精度を欠きフィニッシュまで至らない。そのまま0-0で前半終了。

 

後半も似たような展開が続くが、D奈良がFWにポストの出来る布施を投入したあたりから中央からの攻めも見せ始める。しかしゴール前のでの細かいパスが繋がらず逆にカウンターを受ける場面も。大和も切り替えの速さを生かしてゴール前に迫るがゴールには至らず。結局後半も0-0。更に延長も0-0のまま試合はPK戦へ。

 

ここで全員決めたD奈良に対し、大和は延長の最後に交代で入ったD奈良GK菊谷に1本止められ、更に2人が外して万事休す。D奈良がPK戦までもつれ込んだ試合に勝ち社会人代表として奈良県選手権本戦に駒を進めた。

 

今季初めての試合となったD奈良、府県決勝からこの大会のトーナメントとずっと戦いが続いていた大和。その試合勘や調整の面で大和の方が上回っていた。ただ、ここで決定的な形になると感じた場面でパスの精度が伴わずにふいにした事が何度もあったのも事実。こういう精度の差こそがカテゴリの差と言えるのかもしれない。ある意味D奈良は助けられた部分も多かった。とはいえ、結果が最優先とも言えるトーナメントで土俵を割らなかった事が何よりも大きかった試合といえよう。